千賀内科外科クリニック

禁煙外来について

ニコチン依存症は、
保険診療で治療できます。

タバコをやめようとして、なかなか続けられなかった経験はありませんか?タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。このような喫煙習慣は「ニコチン依存症」といわれ、病院での治療が必要な病気とされています。病気は意志の力だけで治せるものではありません。
当院の禁煙外来では、あなたに合ったアドバイスが受けられるほか、禁煙の補助内服薬「チャンピックス」を処方いたしますので、禁煙の成功率が高まります。
一定の条件を満たすことで健康保険などが適用となるため、患者さまの負担も軽くなっています。ご自身の健康のためにも、「お医者さんと禁煙」はじめませんか?

禁煙の補助内服薬「チャンピックス」について

禁煙補助内服薬チャンピックスは、ニコチンを徐々に減らしていく従来のお薬とは異なり、ニコチンを含まない新しいお薬です。タバコによる満足感を抑制し、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽くします。
禁煙の開始予定日を決め、その1週間前から服用します。通常1日2回12週間内服しますが、長期間の禁煙をより確実にするため12週間延長することもあります。

禁煙治療チェックリスト ~保険診療適用~

以下の項目に当てはまる方は、
禁煙治療で健康保険が適応になります。

今すぐにでも禁煙したいと思っている方
医師から受けた禁煙治療受診の
説明に同意している方
ブリンクマン指数(1日の喫煙本数 × 喫煙年数)が
200以上の方
「ニコチン依存症診断テスト(下記)」で
該当項目が5つ以上ある方
ニコチン依存症診断テスト
Q1
自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q2
禁煙や本数を減らそうと試みても、できなかったことがありましたか?
Q3
禁煙したり本数を減らそうとした時に、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
Q4
禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?
イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、
眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加
Q5
Q4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
Q6
重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
Q7
タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
Q8
タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことが ありましたか?
Q9
自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
Q10
タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

禁煙治療のスケジュール

保険診療適用による禁煙治療は
12週間にわたって計5回の診察を受けます。

治療方法はチャンピックスという内服薬により離脱症状やたばこへの切望感を軽減し、禁煙から得られる満足感を抑制できるようにしてゆきます。
禁煙外来では毎回、息の中の一酸化炭素濃度測定を行いますので、来院前1時間はタバコを吸わないようにしましょう。

保険による禁煙治療の場合、5回の受診を含む3ヶ月間の治療費は3割負担の方で、合計20,460円となります。(こちらは検査料、処方料、薬代も含まれております)
タバコ1箱400円とすると、1日1箱の3ヶ月間で36,000円ですから、たばこ代より安くつきます。この機会にぜひ禁煙をしたい!という方におすすめです。当院では禁煙中は医師、看護師が最終受診日までしっかりとフォローさせていただきます。

初診

内服1週間後から、禁煙スタートです。

内服開始後の1週間はタバコを続けても良いですが、そのころには徐々にタバコを吸いたいと思わなくなってきます。

初診時

初回診療の時に、診察・禁煙治療について説明・一酸化炭素濃度検査(※)・内服の処方を行います。

2回目
受診

2回目…初回日より2週間後

通院

あとは、スケジュールに従って通院してください。毎回一酸化炭素濃度検査・内服の処方を行います。

3回目
受診

3回目…初回日より4週間後

4回目
受診

4回目…初回日より8週間後

5回目
受診

5回目…初回日より12週間後

最終通院

12週間でプログラム終了です!再び喫煙しないように生活習慣の見直しなども行っていきましょう。

※一酸化炭素濃度検査とは

一酸化炭素はタバコの煙に含まれる代表的な有害物質です。
機械に向かって20秒ほど息を吐くだけでその有害物質濃度の測定ができます。 禁煙により、息に含まれる一酸化炭素濃度が減少していきますので、毎回の測定結果を比較することで禁煙の効果を実感できます。

クリニックで禁煙をしてみませんか?

上記の「ニコチン依存症診断テスト」の項目で気になったことのご相談だけでも構いません。
詳しくは電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
また、禁煙外来をご予約の方は、下記より「禁煙治療問診票」プリントアウトいただき、
記入した状態でお持ちいただきますと、当日スムーズに診療を進めていただけます。

禁煙外来では毎回息の中の一酸化炭素濃度測定を行いますので、来院前1時間はタバコを吸わないようにしましょう。

禁煙治療問診票のプリントアウトはこちらから
page top